全文検索(S)

コミティア78 ふ27a

ふ27a『osakana.factory』

コミティア78用カット

11月12日のコミティア78に参加します。ゴスロリっぽい何かをやるかもしれません。あと間に合えば2007年の卓上カレンダー!

(78)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-23 01:52:45

『ジョン平とぼくと』と大西さん

ジョン平とぼくと (GA文庫)
ジョン平とぼくと
(GA文庫)

大西 科学

佳作です。

作者の大西さんの雑文をはじめて読んでから、もう何年になるか、よく分からないくらい。当時私はまだダラダラと学部生をやっていたはずだ(しかし現在も大学に通っているというところが我ながらファンキーだ)。大西さんは90年代後半から雑文サイトを主催していて、安定した筆力のところどころからにじみ出る怜悧な知性や思考などから、サイトには独特のオーラがあった。俺は、不思議な人だなぁという印象を抱いた。時々繰り出す全然本気じゃなさそうな企画ネタ、バナナワニとか超光速流スピードマンといったセンスからも、ますます俺は「この人は変だ」(最上級褒め言葉)という確信を深めていった。その後雑文を読み進めていくうちに、某独立行政法人の研究者というプロフィールも見えてきて、ああなるほどねぇと一人で納得したりもしていた。

大西さんのサイトは、90年代の終わり頃にちょっとだけ流行った雑文サイトの中でも、異彩を放っていた。誤解しないでほしいのだが、雑文サイトというのは、侍魂などのテキストいじりサイトとは一線を画す。侍魂とかのサイトは、何か1つのトピックを過剰に修飾して面白おかしく語るもので、テレビのバラエティーに無理やり挿入されるテロップが連続しているようなものだ。一方の雑文サイトは、純粋にエッセイやショートショートなど、文章の面白さだけで読者を引っ張ることを目指す。写真も無い。イラストも無い。文章だけの勝負だ。だから、テキストサイトよりはハードルが比較的高く、流行ったとはいえそれほど大きなムーブメントではなかった。そして、その手のサイトで当時の最大手だった雑文館がドメインごと消滅し、「週刊元Cinderella Search」や「それだけは聞かんとってくれ」などの有名どころがほとんど更新を止めてしまったここ最近は、着想が面白く、文中の嘘や技術的な間違いがなく、しかも文芸的にも読ませる優れた雑文サイトというのは、大西さんのところしかなくなってしまった、と俺は認識している。だから俺は彼のサイトの大ファンなのである。

その大西さんが初めて書いたラノベが本作だ。緩い魔法の世界、とそのキャッチコピーは語っている。昔のショートショートの中で描かれていたのは、こういう世界だったのか、とドキドキしながら爽快でちょっと切ない読後感を堪能した。やっぱり大西さんは面白い作品を書いてくれました。猫耳付けた露出の多い女の子が呪文を唱えてチャンバラするような話でもないし(まあ俺はそういうのも好きだけどな)、すんごい巨悪を愛だか友情だかの力で打ち負かすような話でもない。地味といわれれば地味だと思う。いわゆる魔法の世界を描こうとしながらも、科学というものがしっかりあって、両者がバランスする世界を描き出そうとするところにかなりの紙幅を割いている。科学者らしい理屈っぽさがあちこちにあって、それは地味さにつながってるのかもしれないけど、でもそれが大西テイストであり、また、作者のSF魂を感じずには居られないポイントでもある。10代の理屈っぽい男の子の恋愛の描き方にも、ちょっとやられたな、と俺は感心したのでした。エロゲーじゃこういうのはなかなか描きにくいしね。そして、正直俺は大西さんの世界の絵が描いてみたくなったのだ。だから、後でこっそり描いてみよう。

責任の一端は是非大塚英志にも負わせるべきだと思うが、いわゆる普通のラノベは、ラノベというジャンルの再生産に入っているのだろう。90年代はエロゲーでこの10年はラノベの時代とか言ったヤツがいるらしいけど、ラノベをメディアとして続けていきたいのなら、ラノベの再生産をする人達じゃなくて、ラノベ以外の地平からの血を入れないとダメだということを、多分編集や経営の人たちも認識していて、そんな中で、筆の立つ科学者という大西さんに白羽の矢を当てたソフトバンクの誰かは、しみじみ慧眼だなぁと感心するのでしたよ。

(63)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-19 01:02:35

サイトリニューアルで考えたこと

このサイトの更新はしばらくいい加減になっていたわけだが、なんで更新が止まったかというと、その「作りの悪さ」に困っていたから、というのが一番の原因であった。

もともとこのサイトはかなり早い時期(7年位前?)から、HTMLの表示部分と中身を分けて管理すること、いわゆる「データの分離」を行ってきたのであるが、RSSだブログだといった形で情報を提供するにするには、それだけではどうにもならないのである。

10年も前にさかのぼれば、個人のウェブサイトはスタティックなHTMLファイルが普通だった。ダイナミックな処理をするプログラムを書くとしても、必要な作業はせいぜいデータの格納方法を決めることと、データを読み込んで整形して表示することくらいだった。データはCSVファイル(カンマ区切りファイル)であったり、あるいはRDBだったりするだろうが、そのデータの編集には、別途他のアプリケーションを利用すればいい。CMS(コンテンツ管理システム)の必要はあまりなかった。簡易CMSと言えなくもない掲示板のログだって、不具合があれば直接エディタで編集するものだったわけだ。ということは、かなり昔からデータの分離を行っていたこのサイトは、当然裏側で山ほどのデータファイルを抱えていたわけである。

ブログスタイルのページを生成しようとすると、30個くらいのXMLやTSV(タブ切りのテキストファイル)を読み込むことになった。日記のファイルは個別に分かれているし、トップページのイラストの履歴とか、アーカイブに入れたイラストの説明文だとか、その他の更新情報を格納したファイルだとか、イベントの参加ログだとか、まあとにかく、ものすごい数になる。毎回これらをパースしてはいられないから、当然、RSSやブログのための中間ファイルを生成することになる。かなりエレガントじゃない実装になった。以前、その実装の汚さと動作の鈍重さから、蛇蝎のごとく忌み嫌った、とある日本製のブログシステムと、ほとんど変わらないような状態になっていた。

大昔からパッチを当て続けて使ってきたこのサイトの管理システムは、エディタのマクロとか、アップロード用の画像を生成するスクリプトとか、実際にアップロードするスクリプトとか、データをパースするプログラムとか、サイト全体で考えると、恐竜のように肥大化しすっかり煩雑で萎え萎えなものになっていた。

仕方ないので、CMSをゼロから作り直して、古いデータはある程度コンバートしてRDBに流し込むことにした。CMSを作るってのは、情報を完全にゼロからデザインするってことでもある。いまさら新しく作り直すのは車輪の再発明だといえばその通りかもしれないが、その過程で考えられることは多かった。

なんといっても、CMSというバックエンドを作る方が、表側のサイトとして見える部分を作ることより、圧倒的にめんどくさい。

自家製CMS画面(ブログ管理)
図1. 自家製CMS画面(ブログ管理)
自家製CMS画面(画像管理)
図2. 自家製CMS画面(画像管理)

10年前は、まだ常時接続が多くはなかったから、ウェブに載せる具体的なデータの部分はオフラインで処理することが多かったと思う。以前俺が公開していた、Excelなどの表計算ソフトで作ったデータを処理してリンク集にするためのスクリプトも、そういう方針であった。

常時接続が当たり前になった2000年くらいから、ウェブ上のCMSでデータを操作したいという欲望が強くなってくる。当然、ウェブサイトはデータを操作するツールごと作らねばならない。ここら辺の時期に、ユーザと技術者とが完全に分断したんじゃないかなぁ。普通の人がCMSを作るのは無理だ。当然、誰かが作ってくれたCMSを利用するだけになる。多くの技術者も、自分でCMSをとやかくする気は、かなり失せた。ある程度以上の技術者にとって、ウェブ用のCMSを自分で実装することは全然難しいことではない。だが、あまりにも工程が面倒くさい。ウェブは、サービスの提供者と利用者とに綺麗に分断された。ウェブは、「作る世界」から「使う世界」に変わったのだ。これが「ブログの普及」という言葉で表される現象だろう。

ほとんどの人が、誰かが作ったお仕着せのCMSを使うことに何の不安も疑問も恐怖も感じないこと。それが「Web2.0」の特徴の1つなんだと俺は思う。

ウェブ自体も、ティム・リーが作ったお仕着せの仕組みだといえばその通りだけど、彼は出来るだけユーザーから中立的な仕組みを作ろうとする努力を欠かさなかった。『Webの創世』で彼はこう述べている。

私はCERNにやってきた数多くの開発者が、情報を体系化するのに「役に立つ」システムを押し付けてくるのに立ち会った。彼らはこういうふうに主張するのだ。「このシステムを使うには、すべての文章を4つのカテゴリに分割するだけでよい」とか「それぞれのデータをWordWonderful文書としてセーブしさえすればよいのだ」とかである。私はそういった提案者が次々と、憤慨した研究者たちによって炎の中で打ち倒される姿を目撃した。というのも、これらのシステムの開発者たちは、研究者たちの仕事をシステムに適合するように強制的に再編成しようとしたからである。私は誰もが受け入れることが可能な共通した決まりに従ったシステムを創造する必要があった。これは、でき得る限り何も決まりがないというのに等しいことを意味する(p. 27)

だからhttpは、仕様も実装も限りなくシンプルだ。

ブログはどうだろう。CMSは、定型のフォーマットに流し込むための定型のデータを求める。インタフェースはどれも似たようなものになる。そのお陰で書く側も見る側も分かりやすくなったし、サイト内で迷子になることも少なくなった。でも、CMSは、かなりのバッドノウハウの習得をユーザに求める。複雑怪奇なWikiの文法はその好例であろう。そしてCMSは、HTMLを利用して実現可能な表現より、ずっと狭い範囲でしかアウトプットしない。ユーザにできるだけ多くのことを許すように作られては、いない。

ブログは言論の開放なんだっていう言説は、伊藤穣一を嚆矢として社会学系の学者からもよく出てきたけど、それはある程度正しいがやっぱり半分は嘘だ。誰かが作ったシステムという、他人の手のひらの上で踊るコトも、確かに言論の自由ではあるだろう。でもそれは、言葉が起こせる範囲での変革だ。書籍に情報を載せることと、根本的には変わりはない。しかし、新しい情報システムを自由に作れることというのは、文字通り世界をひっくり返しかねないことだ。その昔インターネットに胸躍らせた本質はそこであって、言論の自由のレベルじゃ変革の可能性が一段違う。情報システムが世界をひっくり返すなんてアホかという、昔の佐藤俊樹みたいな反論を試みたい人は、GoogleやWinnyやSkypeのことでも考えてくれればいいと思う。

世間が、お仕着せのCMSを利用することが「ブログ」や「インターネット」だと思っているとしたら、それには抗ってみるべきだ。CMSをゼロから作り直すってのは、ブログを書くだけじゃなく、ブログがどうできるのか、httpはどういう仕様なのか、Apacheの実装はどうなっているのか、OS って何なのか、CPUってどう動いてるのか、そういう「下のレイヤ」へ興味を持つことの意味を、Web2.0で浮かれる世界の中で考えるには、良い機会だった。

やっぱ時々は車輪の再発明しないと技術も教養もつかないのかなぁ、とか考えながら、CMSを作ること自体は結構楽しかったのでした。

(121)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-21 17:36:30

osakana.factoryリニューアル

osakana.factoryは色々とリニューアルされました。

概ねリンク切れしないよう配慮したつもりですが、何か不具合があったら教えてくだされ。

(61)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-15 07:22:59

ひうひお

IPv4、IPv6姉妹

IPv6萌えキャラ化本『ひうひお』に収録したイラストカットを再構成してみた。

(86)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2010-05-22 03:09:21

もじうめ1.10

多数の PNG、JPG、GIF フォーマットの画像ファイルへ一気にコメントを埋め込むためのWindowsアプリケーション、もじうめ1.10をリリース。

(73)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-15 05:11:26

IPv6たん

IPv6本のお知らせ

夏コミにはIPv6のマスコットキャラクター本を出します!

(81)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2010-05-22 03:09:21

夏コミ X09 a

コミックマーケット70に参加します。 2006/08/13(日) X09 a

IPv6本のお知らせ

新刊はIPv6本擬人本です。

(59)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-10 18:42:01

ノースリーブセーラー体操服でロリワキ分補給

ノースリーブセーラー体操服でロリワキ分補給

ノースリーブの体操服自体は実在します( 実例 )。エリがついている体操服も、実在します。

だからきっとセーラーカラーのもあるに違いない。

(71)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2010-05-22 03:09:21

アームカバーを装備すると、よりワキがエロく!

アームカバーを装備すると、よりワキがエロく!

アームウォーマーってのは、寒さを防ぐとかじゃなく、ワキを見せるためにあるとしか思えん。

(80)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2010-05-22 03:09:21
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. .
  6. .
  7. .
  8. .
  9. .
  10. [9]
  11. [10]
  12. [11]
  13. .
  14. .
  15. .
  16. .
  17. .
  18. .
  19. .
  20. [19]
  21. [20]
  22. [21]
  23. NEXT >


<TOP>

[ Copyright 1996-2017 Mishiki Sakana. Some Rights Reserved. ]