全文検索(S)

エロ同人屋に読んで欲しい著作権の話

まあ実際のところ今の俺は、トップページに載っけるような絵を 1 枚描くのに、密度にもよるが大体半日から 1 日かかる。人物のカット(いわゆる立ち絵)をゼロからエロゲ / ギャルゲ塗りで仕上げるなら、せいぜい 1 日 5 枚くらいだろうか。ちなみにこここでいう「1 日」とは、8 時間労働の範囲ではなく、文字通りの「1 日」から生命維持に必要な食事や睡眠などを引いた時間と思っていただきたい。さて、1 日にいくらもらえれば嬉しい & 食っていけるだろうか。

正直なところ 1 万円くらいはお願いしたいわけである。時給で換算するとコンビニバイトにも劣るが、まあそれは俺の手が遅いししょっちゅう集中が切れるというのもあるからいいや。商業誌の原稿料もカラーでほどほどちゃんと描きこんであれば最低それくらいは出たし、同人の方も、ひっかき集めてショップに回したりすれば、なんとか採算ラインのボーダに乗ってる。だから続けられる。

なぜ著作権という仕組みがあるの? という疑問に対するものすごく単純で具体的でショボい回答例は、上記のようなものだ。自分の作ったものが金銭的にむくわれてやる気が出るから。勝手にコピーされると俺のところへ金が入らないから。こういうのを、著作権のインセンティブ論(やる気を起こすための仕組み)、と呼ぶ。そして、同人屋にしても漫画家にしてもエロゲンガーにしてもだ、一般的な作り手たちにとってこれは都合の悪い仕組みじゃないから、大体この辺で思考するのを止める。俺も止めていた。だって、そのままぼけっと描いてても食えないんだもん。描くために食うか、食うために描くかって、そりゃ食うためですよ。著作権? 便利な仕組みだよね。

でも、だ。あえて「でも」だ。日々食うために描くとしてもだよ、絵を描いたり何かを作ったりするそもそもの動機(インセンティブ)って、食うためではなかったんじゃないかね。あ、「理想論マズー」とか言って引くのは早いよ。そらね、お金は欲しいぞ。資本主義社会だもの、そら欲しいぞ。それに、有名になりたいとか上手くなりたいとかいう野望があって、そのために努力するというのもあると思う。でも、そういうのは別。そういうのはおいといて、だ。もっと単純な創作欲というのがあるでしょ。

急に何か言葉をつむいだり、絵を描いたり、歌を口ずさんだりしたくなること、あるでしょ。その動機というのは、金が欲しいとか、たまには卵かけご飯以外のも食いたいぞ、とかじゃなくて、もっと単純なものではなかっただろうか? 小学生の時、お金のために絵を描きたがった人なんているか? 描けるのが嬉しかっただけだろう? 初めて PC で絵を描いた時、純粋に嬉しかっただろう? でさ、その時の喜びや楽しさがなきゃ、絵、描き続けてなかったでしょ? こういう単純な「言いたい」、「作りたい」、「伝えたい」っていう気持ちは、単純で自然な表出欲というか創造欲というか、なんというか……そうそう、好きな人に好きだと伝えたくなる時の気持ちと同じなんだ。表現というアウトプットは、複雑なフィードバック機構を持つ人間の、本能の結実なんだ。

もっと分かりやすい例を出せば、コミケがあるから原稿を描くってのは事実だけど、もしコミケがなくなっても絵を止めたりはしないだろう? つまり、著作権の仕組みやお金は、根本的にはモチベートしてくれないんだよ。著作権の仕組み自体は、直接的には創作欲を守らない。今の著作権の仕組みが一義的に守っているのは、自分の作品を売る「作り手」と、他人の作品を買う「受け手」という、交換の枠組み だ。だからさ、著作権のシステムがインセンティブの付与のためにあるだなんて言わないでおくれ。現行の著作権は、価値の交換のために仕方なく取り入れられた一実装なんだから。あ、もちろん自然権(プロパティ理論)でもねーよ。強いて権利として考えるのなら創作権とでもいうようなもんで、それはつまり表現の自由だ。根本的に創作欲をモチベートする法的な仕組みというのは、表現の自由しかないんだ。

だから、特定少数の著作権がその他大勢の表現の自由をさまたげるようになっちゃつまらない。でも、それがもっとも特定少数が儲かるシステムだとしたら……どうする? そりゃあ、もう少しまともな実装に組み替えないとね。という辺りが『Free Culture』のスタート地点なんじゃないのかな、と。どうですかね、白田先生

(50)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:19

若さ!!

夏コミありがとうございました。色んな人に会いましたよー。「台風ですら避けてとおる」といわれたこともあるコミケットですが、最近はなんどか雨降ってますね。涼しくて助かったけど。

今回は2晩ほど連続で徹夜して、47時間連続稼動時に会場着だったりしましたが、なんか、それほどやばくなかったですよ、午前中は。意識が切れてきたのは連続稼動が 53 時間になったあたりからだったし。10代の時は面白半分で徹夜できた。20代の今は緊張感のおかげで徹夜できてる。緊張感のコントロールが出来るようになってきたのかなぁ。嘘だな。

次は11月のコミティアです。出れたらね。と、珍しく日記らしい日記を3日遅れで書いてみる。

(43)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:20

メタメディア幻想

中学・高校の頃の俺は、ナケナシの現金を握り締めて、Too. や世界堂といった画材屋へ通っていたのよ。同人誌即売会の会場に行ってはデリータのスクリーントーンを眺めてもいた。安かったからね。で、そんな当時の最大の失敗としては、コピックという水性マーカ(まあフェルトペンのようなものだ)を購入してみたものの、どうしても綺麗に塗れずに惨敗したことだろうか。アレは痛かった。

なんでそんなものを買ったのかというと、それよりはるか前に、「鳥山 明が水性ペンを水溶きして色を塗っている」、「いや今はカラーインクらしいぞ」という噂が渦巻いたことがあった(カラーインクというのは、塗った直後の発色は抜群に綺麗だけどすぐ退色してしまう印刷原稿用の染料インクのこと)ようで、鳥山 明は抜群に絵が上手かったし彩色も上手かったから、多くの人がその「水溶き水性ペン」の手法を真似たそうな。俺がコピックを買って唸っていた頃というのは、そういったカラー技法を真似てた人達が「ファンロード」なんかで人気を博せるほどの実力を蓄えてきた頃でもある(水溶き水性ペンの起源が本当に鳥山 明なのかどうかは責任持ちません)。未谷 蛹さんとか K・春香さんとか。巣田祐里子さんなんかはもうプロでしたな。で、彼らは実に上手くコピックなんかを使いこなしていたわけだ。剣山に見えるくらいの数のコピックを持ち込んで同人誌即売会でスケブ描いてる姿なんてカッコイカッタのよ。

ぶっちゃけて言えば、当時のイタい俺は、画材を揃えば上手くなると思ってたフシがある。彼らと同じモノを手にすれば同じようにできるんじゃなかろうか、とね。まぁムリだったわけだ。今思えば、そのまま研鑽すりゃ人並みに出来るようになっただろうけど、厨房な俺には研鑽を続けるだけの金がなかった。高いんだ、コピック。それにコピックに合う紙も。またアルコールベースで乾燥が速いため、すぐかすれてくる。

さて。アラン・ケイはこんなことを言っている。「(コンピュータは)かつて見た事もない,そしていまだほとんど研究されていない,表現と描写の自由を持っている.それ以上に重要なのは,これは楽しいものであ」る。彼が考えてる「コンピュータを学ぶ」という概念は、今の日本で一般的に考えられるような「パソコンの使い方」というショボい意味とは違う。メタメディアたるコンピュータを使いこなすということは、ハードウェアの仕組みからプログラミング言語、アプリケーションを利用する技法に至るまで、コンピュータの面白くて新しい使い方を考える手立てを知るということだ。で、アラン・ケイとかテッド・ネルソンなんかは言うわけだ、みんながそうすれば世界は変わる、と。これからはみながそういう姿勢でコンピュータを学ばねば、と。

インターネットが一般に開かれた時、彼らの檄文のようなものを引用して IT がもたらすバラ色の未来を語る人は少なくなかった。ただそういう人達の前提は、みんなが適切にコンピュータを学び、存分に使いこなせるようになること、だったじゃない。決して、Word と Excel が使えることではなかった。でもさ、ムリだよね、世界中の人間が、表現の手法として主体的積極的にコンピュータに向かい、コンピュータやソフトウェアそのものを改善していけるような技術までを身に着けるなんて。

それはさ、「世界中の人間にコピックを持たせて必死に練習させれば、みんな鳥山 明くらいに絵がかけるようになるよ」、っていうくらいにむちゃなお題目なわけ。絵を描く意識のない人間が筆を取っても、絶対に絵は描けない。それに、意識を持っている人間ですら、向き不向きやコストの問題など、いろいろな障害に阻まれて先に進めないことがある。第一、こういう考え方って、実は全体主義のカタマリじゃん? 「全員まともなコンピュータリテラシをつけるべきだ」という主張に対しては、「技術決定論的な全体主義ウゼー」と一部の文系の人は反発するだろうにゃ。

ま、そんなわけで、90年代半ばくらいに夢想された 「真の IT 革命」みたいなのは、残念ながら絶対こないなぁ、というのが見えてきてる。コンピュータはメタメディアとして大きな可能性を秘めているとしても、メタメディアとしてコンピュータと向き合おうとする人間は、どうしても少数であって、で、さらに悪いことに、そういった人間は経済力も政治力も持っていなかったりする。

さて、コンピュータがメタメディアであることを理解している人間が取りえる次の有効なステップは、多分 3 つくらいあるぞ。

  1. 経済力と政治力をつけて愚民を洗脳する
  2. そういうのは 村井 純 御大あたりにまかせて傍観しておく
  3. むしろ積極的に諦めて自分の食い扶持増やすことだけ考える

うーん、2 かな。

(46)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:21

負担は誰のためか

国立大学の授業料は安い。現在、年間でたった 50 万円ほど(それでも欧米に比べればむちゃくちゃ高いのだが)。私立の平均が 80 万、慶應なら 70 万~ 100 万といったところであろう(医学部は除く)。恐ろしいことに、偏差値と授業料には反比例の傾向がある。これは、文科省も大まかに認めていると言っていい。そしてあまり知られてないが、専門学校の学費は実はもっと高い。年間 150 万円クラスはざらである。

国立大学は、学生から頂戴する年間 50 万円の授業料では成り立たない。足りない分は、当然税金をたっぷり使う。東大や京大は、優秀な学生を集めて国のお金でさらに優秀にし、いい職に付けさせてがっぽり金を稼がせてやることになる。こういう書き方をすると非常に不公平感がつのる。

なぜもともとそれなりに優秀な人間をさらに国民の税金をかけて学ばせるのかと言えば、優秀な国民には、将来国家を支えるため、先頭に立って働いてもらわねばならないからだ。国立大学とは本来、日本国を支えられるだけの優秀な人間を養成するための機関だ。国立大学出の人間に、いい職や給与などといったそれなりの報酬が与えられていた理由はそこにある。たとえば東京帝国大学は 1878 年に法、文、理、医の 4 学部でスタートしたが、これは、西欧の法システムを学び(法学部)、西欧の文献を翻訳し(文学部)、西欧の科学技術を取り込み(理学部)、西欧の医療を導入する(医学部)ため社会に奉仕してくれる人材が、必要とされていたからである。

現在、この構図はほとんど崩れている。国立大学の学生の大半に、将来日本を支えていくのだという自覚はほとんどないし、教員(教官)にもそれほど強い意識はない。さすがに明治の時代とは社会が求める人材も変わっていて、今となっては文学部なんて金食い虫以外の何ものでもありゃしない。それでも、税金は使われる。そういう矛盾を受け、実態はともあれ独立行政法人という形で国立大学を切り離したのは、1 つの手としてアリだとは思う。でもそれは、国立大学に所属する人間に、自分たちが将来背負うはずである、社会で果たすべき責任を放棄させる方向へ向かいかねないのではないだろうか。

国家という社会的単位を健全に維持し発展させていくためには、(知的、経済的に)富める民は、貧しき民に奉仕する義務がある。エリートが偉そうな顔をしてるのは、奉仕の義務があるからだ(現在の官僚全員にこの自覚があるかどうかは疑問だけど)。たとえば、所得税という仕組みはそういう発想で作られているといっていい。しかし、所得税という仕組みに限界が見えてきて、消費税というマタイ効果(富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる状態)を絶大に発揮しかねない制度を中心にすえていかねばならぬ社会へ移行していくのだとしたら、国立大学は何を目指せばいいのだろう。バカをたぶらかして金をかき集め勝ち逃げできる人材の育成だろうか?

(46)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:22

七夕妄想解釈

織姫は、その名のとおり機織を生業としていた女性であったのだろう。牽牛も字のとおり、牛を飼っていたに違いない。牧畜なのか農業なのかは分からないが。つか、これまともな名前じゃねーな。むしろ職業名か称号みたいなもん? 記憶を振り絞って七夕の伝説を思い返せば、“働き者だった 2 人が結婚したところ、いかがわしい 18 禁な行為にばかり勤しんでいるので、その熱愛ぶりに嫉妬した 怠惰に激怒したエラい人だか神様だかが天の川の両岸に 2 人を引き裂き、年に1度の逢瀬のみ許した”、というものだったと思う。

さて、このお話がいつ生まれたものなのかは知らないが、暗示されている教訓を抜き出すのは簡単だ。

  • 男は外で仕事しろ
  • 女は家で働け
  • 昼間っからやりまくってんじゃねぇ
  • がんばってればたまにご褒美あるんだから、なまけるな

これらから、この物語の聞き手として想定しているのがどういう人達なのか妄想してみよう。

まず、男女の理想像が描かれそれぞれの社会での性的な役割(ジェンダーね)が固定しているということは、職業が専門化し分業が行われる社会になっているということだ。社会が複雑化し高度化し様式化していなければ、この物語は通用しない。また、「やりまくるな」という教訓が含まれてるということは、逆に言えばそれなりに遊びでセックスするくらいの社会的な余裕はあるということでもあろう。現代の日本において、「ひきこもるな」と社会がメッセージを発するということは、ひきこもりが存在するだけの社会的な余裕があることを意味しているのと同じだ。それに、もし戦乱などで人的リソースの損耗が著しい場合は、産めよ殖やせよ的スローガンになるはずだから、爆発的な人口の増大を求めない、安定して平穏な社会であることがうかがえるだろう。ちゃんとご褒美を毎年用意できるというところからも、社会の安定がうかがえる。

なんか、これってこの前までの日本の姿に似てるような気がしない? 高度経済成長期を知っている大人がその子供に聞かせるのには、なかなか悪くない題材なわけだ。だから、我々はこの物語を知っているんじゃないのかな。

こういった物語は、時代によって細かい部分が変わっていく。それは、社会がそうあることを求めるからだ。今発刊されている絵本の桃太郎は、鬼を殺さなくなっているという。かちかち山の狸も死なないみたいだ。子供のときからそういう話ばかり聞いていれば、昔はどういう話だったのかなんて誰も気にとめない。そういえば、数年前には『本当は恐ろしいグリム童話』なんて本が売れたよなぁ。グリム童話だって、社会の求める姿にだんだん変形していった。もともとディズニーのような脳内お花畑満開のアメリカ的ハッピーな物語というわけではなかった。というわけで、すっかりおなじみの七夕の物語も、歴史と共に変わってきた部分があるんじゃないかなぁ。もし大きく変わってないとしたら、受け入れられなかった時期や地域というのが存在しているんじゃないだろうか。

今のところ詳しく調べてみる気はない。まあでも、誰か調べてそうだなぁ。

(43)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:23

情報技術 = ギロチン論

「情報社会における新しい政府のありかた」。「ITがもたらす新時代と行政組織の変革」。「縦割りの弊害を排除した新しい社会モデルを目指して」。俺が今適当にでっち上げたスローガンだが、なんだか似たようなお題目はあちらこちらから聞こえていて、誑かされた役人が CISCO とか NTT とかに税金流し込んで、いまいち正体の分からない IT 投資を日本中でやっている。

一昔前よく取り上げられた IT 投資の成功事例として、コンビニの電話料金徴収システムがある。紙に手で記入された振込用紙を銀行員がダブル・トリプルチェックして 1 つ 1 つハンコをついて入金処理を行う( 1 件の振込に数百円の人件費がかかるという)のに比べれば、バイトの店員がバーコードにレーザ光を 1 秒当てるだけで済む(人件費は 20 ~ 50 円くらいかな)のだから、圧倒的に低コストなのは考えるまでもない。従業員の賃金も安く抑えられる。

みんな薄々気づいていることだが、IT 化が進めば、一般事務やその他 IT 化で不要になる業務を行っている少なからぬ役人や従業員を、クビにしなければならない。最低でも、コンビニのバイトくらいまでには賃金を下げねばならない。しかし「お前は無用だ」という宣告を、下手したら全従業員の 5 割、6 割にするなんてことは、できっこない。クビを切られる側が受け入れるわけもなかろう。でも、そうすると無駄な雇用を抱え続けることになる。IT 投資をした意味がない。念のために断っておくが、一般事務が無用だという意味ではない。一般事務職は他の仕事の効率アップに大きく貢献している。ただ、上記のコンビニの例のように、IT によって効率化を進めてしまうと、少なからぬ人間が要らなくなってしまうのではないか、ということだ。

では首を切れないままの IT 投資が何をもたらすのかというと、現状のままでは結局壮大なムダだ。IT 化によって不要になったはずの事務処理を人間がもう一度繰り返したり、何も生まないデータ整理を手作業で行ったり、あるいは IT を導入して新しい事務を増やすという荒業まで導入して、意味のない金を回し続けねばならない。現在人手が足りてない分野や、新しい仕事がいくらでもありうるサービス業などは別だろうけど。

「今後の社会のためにあなたの首を切りますから、私に一票入れてください」。そんな政治家は当選するわけがない。でも、それは単に破局を先延ばしにしているだけかもしれない。

(44)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:24

『水月』から、香坂アリスとマリア

『水月』から、香坂アリスとマリア

特にその塗りについてはエポックメイキングだったエロゲー『水月』から、ロリキャラ2人、香坂アリスとマリアのスカートたくしあげ。

彼女たちのこの服は、ノースリーブセーラー服+ケープなのである。『ns2』に収録。

(55)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2010-05-22 03:09:23

嘘吐きで臆病で親の顔色うかがっていた元子供達へ

アリエスは『子供の誕生』という著書で、「子供」という概念は近代ヨーロッパ以後の産物であると述べている。それ以前に子供という概念は存在せず、ただの小さい人間というだけだった。大人とは、理性的な判断ができて社会に参加できる人間だけど、子供はそれができないから、親や社会が愛し保護し育まなければならない。今の人間はそう考えてると思うが、そんな考え方は実は普遍的ではない。近代以前は、貴族などの特権階級を除き、幼くてもすぐさま職業訓練を受けさっさと働いた。親が愛し保護する存在ではなく、社会人として生かされた。今でもアフガニスタンやウガンダで少年兵というのが問題になってるが、近代ヨーロッパの洗礼をあまり受けていない彼らの考え方としては、少年というただちょいとばかし小さいだけの「大人」が武器を持って戦うのは、極めて当たり前のことなのだ。

子供が無垢だ純粋だ、という考え方は幻想だ。それは自分の子供の頃を思い返せば分かるだろう。あなたは子供のとき嘘をつかなかったか? 親や先生の顔色をうかがっておもねらなかったか? 中学生の頃は親を口汚く罵倒しなかったか? そんな人間のどこが無垢で純粋なんだ? 年を経るとこの程度の自問自答さえ忘れてしまうのだろうか。子供(といわれる人間)は、無知ゆえに、価値判断が単純なだけだ。感情のコントロールも上手くないことが多いから、些細なことでも単純に喜んだり、単純に怒ったり、単純に悲しんだりする。それを大人が良いように誤解して、純粋だ無垢だとレッテルを貼ってしまう。巨大な勘違いだ。

単純な人間は、喜びを爆発的な身体表現で表さざるをえないから、嬉しいとぴょんぴょん飛び跳ねて駆け回ったりする。例が不適切かもしれないが、知的障害を負っている大人の方々が同様の身体表現をされているのをご覧になったこと、あるだろう? 当然怒りも同様で、かんしゃくを起こして周囲のものに八つ当たりしたりする。ある程度感情を抑制できるようになれば、「殺してやるっ!」なんて表現を人前で行うことは自然になくなる。子供は純粋なんじゃない、ただ脳味噌が単純なだけだ。

でも、いくらアリエスが相対化してくれたとはいえ、近代西欧の考え方が広まり、分業の徹底と技術の複雑化が進んでしまっている現在、大人と子供を分類してしまう考え方は、もう後戻りできないと思う。だから大人は考えなければならない。「殺してやるっ!」以外の「理性的な」感情表現をどう自分が身に付けたのか。どう感情を抑制すればいいのか。その殺してやりたい相手にどう自分の意図を伝えて妥協していけばいいのか。道徳や(一部の)哲学というのはこういうときに使える知識なんだ。日の丸や上っ面の親孝行ばかり教えてていいのか? それこそ国が滅ぶぞ。

例のネヴァダたん事件についてはりそりょ氏の物語的解説が卓出してると思う。

(42)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:25

エトナたそ

エトナたそ
魔界戦記ディスガイアのエトナたん。すごく久しぶりの版権モノだし、ラハールとかフロンも描きたいので、とりあえず暫定版てことでコウモリだけ描き足して置いときます。

(73)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2010-05-22 03:09:23

motivation

(インターネット上の不正コピーが横行している現状では)「音楽で生計を立てられる見通しが立たなくなる。そうしたら誰も音楽を作らなくなる」。RIAA(全米レコード協会)のお偉方が以前 NHK スペシャルの番組で語っていたことだ。俺はヤツに言ってやりたい。「日本のヲタクどもを見やがれ。絵で生計を立てられる見通しなんか立たなくたって、誰もが絵を描き続けているぞ」。

著作者を法律で保護すれば、著作者のやる気が出て表現活動を活発に行うようになり、ひいては文化が発展するというインセンティブ論は、一面の真実であるとは思うが、作り手はそれだけで動いているわけではない。金がなくても時間がなくても、命を削って描く人は描くし、作る人は作るんだ。作り手のモチベーションの少なからぬ部分は、インセンティブ論者や自然権論者が考えてないところから沸いている。そりゃ目の前に山があれば登りたくなるし、タブレットがあればなんか描いてみたくなるし、ピアノがあったら弾いてみたくなるんだ。

この情報時代、著作権法がどんどん改悪されてるのになぜ著作者はなぜ声を上げないのかっていう疑問が法律周りの人なんかから時々出てくるんだけど、この単純な創作欲みたいな感覚の分からない人なんて、作り手からみたら完全な異人種で、おそらくそいつは俺たちとは共通の言語も感覚も持ってない。はっきり言って、そいつらは金のことばかり考えてるように見える流通のやつらより、作り手からは遠いところにいる。レッシグを知ってる人が同人界にどれだけいる? そんな言葉の通じない人間を口説いてるヒマなんかあるかバカバカしい。それより次の描きたいもののことで頭がいっぱいなんで早く帰っていいですか? 作り手の発想とはそういうものだ。だから、社会システムを作ろうとする人たちは、そういう無茶苦茶ワガママで社会性がなかったり、社会のことに致命的に無知な人たちを守ろうとしてるんだという自覚を持たなければならない。全員に社会性を持たせようなんていう発想は上手くいきっこない。その手の試みは共産主義でコケた。

(43)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:26
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. .
  6. .
  7. .
  8. .
  9. .
  10. .
  11. .
  12. .
  13. .
  14. [13]
  15. [14]
  16. [15]
  17. .
  18. .
  19. .
  20. [19]
  21. [20]
  22. [21]
  23. NEXT >


<TOP>

[ Copyright 1996-2017 Mishiki Sakana. Some Rights Reserved. ]