全文検索(S)

はなし塚に続くもの

はなし塚という石碑が浅草の本法寺にある。東京新聞の記事から引いてみる。

戦時中、「廓大学」「明烏」「つづら間男」など五十三演目が世情に合わない「禁演落語」とみなされ納められた。戦後、落語家の手で封印が解かれたが、現在もその塚がそのまま残されている。

要するに、戦時に合わない「『不謹慎』なお話(ネタ)のお墓」だ。高座で演じられなくなったので、落語家がネタの弔いをしたわけだ。こう書かれると、『はだしのゲン』とか読んでる世代は、特高警察による激しい弾圧があったのか!? などと思いがちだが、それは誤解である。孫引きになるが小林信彦のコラムを引いてみる。

落語家たちが艶笑落語をやりません、などと誓いを立てたのは、文字通りのお笑いぐさであった。<中略>べつに弾圧ではなく、落語界が自粛したのである。

その他にも同様の指摘をしている資料は幾つかウェブ上にあるが、なんと、驚いたことに、飯のタネである落語のネタを、落語家自らが封じようと動いたのだ。そして、高座は時流におもねる漫談のような兵隊ネタ軍隊ネタで満ちたという。

実はこのエピソードは以前 NHK で流された古今亭志ん朝師匠の再現ドラマで知ったのだが、こいつはとても示唆に富んでいると思う。思想や表現や創作の自由の制限は、法的には何の拘束力もない、自粛から始まるのだ。

皆が自粛すれば、「そういった表現を行わない」ことは“常識”としてその業界に定着する。卑近な例だが、エロゲーで18歳未満の性行為を出さないとかね。18歳未満のキャラクターに性行為させる表現物の創作・頒布は、完全に合法であるにも関わらず、業界団体の自粛の一言によって葬られる。近親相姦ネタとかもな。そして、いっそう自粛が進み、その規制が完全な“常識”、すなわちタブーと化したら、堂々とその表現を規制する法律を作ればいい。そうすれば、そういった“常識”に則ってる規制の制定に反対するような奴は、非常識であり反体制であるといった認識がコモンとなるのは間違いない。その時はもうすでに、反対派が社会的な支持を集めることは難しい。タブーに理性は通じないんだ。

だから、あるジャンルにおけるコンテンツ規制で騒ぐなら、自粛が始まった時点で力いっぱい騒ぐべきなんだ。2002 年 4 月、うるし原智志氏が、コミックスでの未成年の性描写とその暗示について、「残念です」とおっしゃりつつ自粛に応じていた。当時は、この俺ですら K 川の編集に釘をさされたことがあり、それと合わせて俺はスゲェショックを受けてスンゲェ長いアジ文を書いたのだが、あまりに攻撃的だったので公開しなかった。うるし原先生が自粛に応じられたのは、仕方のないことだ。作家は、編集や流通の自粛には絶対に逆らえない。作家がプライオリティを持ってるなどと思うのは大きな間違いだ。そんなのは鳥山 明クラスの大作家センセイであって、多くの作家は、大企業様からお仕事を分けていただく中小企業の社長に過ぎない。同人誌なら大丈夫と思ってる人、印刷所が自粛したら本は1冊も刷れない。即売会が自粛したら全て販売停止だ。ネットなら大丈夫だと思ってる人、プロバイダやサーバ屋に自粛されたら、何も公開できない。違法じゃないコンテンツだって、自粛で遮断できるんだ。

自粛の後に続くものについて、思いを馳せねばならない。コンテンツを作ったり消費するのが大好きなら。

(43)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:38

許されざる者

日本人には、一人もバカはいない。いや、いてはならない。バカでいることは憲法違反だからだ。

国民主権とは、国のまつりごとを全国民が行うということである。まつりごとを行うには、計画をたてたり、情報を収集・分析たり、意思決定したり、行動したり、結果を観察したり、欠点を反省したり、やらねばならぬことは山のようにある。日本国民全員は、少なくともこれらをこなせるくらいには優秀でなければならない。だから、バカでいることは罪なのだ。

まあ、もちろんこれは冗談だし、そもそも憲法とは国の姿勢を規定するもので個人が犯しうる法ではないわけだが、代表制民主主義という制度を敷いている以上、国民は、自分を代弁する為政者を「理性的に」選ぶだけの能力は持っていなければならない。だから教育は国民の三大義務だし、やっぱりバカでいることは憲法違反であって、「バカでいる自由」などというものは、ないのだ。

もし国が衆愚的な政治制度を敷こうとした場合、日本国民は理性的に判断しそれを止め、あるいは改定しなければならない。というか、そうするだけの理性があることを前提に、民主主義国家の憲法は作られている。なのに、もっとも民主的な国であるはずのアメリカ合衆国の様を見てると鬱になるのは、なんでだろう。

(42)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:39

seek me - 私を探して

なぜGoogleではなく、Yahoo! JAPANか?という記事をハケーンし、触発されて自前のでも調べてみることにしました。リンク先の Perl スクリプトは、日本語の処理や複数キーワードの処理がちょっと不満だったので、さらっと PHP で集計スクリプトを書いてみたものの、遅い。ものすげぇ遅い。こりゃ C で書かなきゃだめか? とか一瞬血迷ったが、PHP や Perl みたいな糞遅いプログラムの中でカウントしたりソートしたりするのがイクナイ。

zcat ログファイル | キーワード抽出 > ファイル
sort ファイル > ファイル
集計 > ファイル
sort > ファイル

つまりはこんな風にシェルスクリプト中心にやればいいのだ。grep とか sort ってほんっとに速いなぁ。GNU ツールとシェルスクリプトのポータビリティすばらしや。

ついでなので、MSN と excite と goo.ne.jp も対象にした。イメージ検索をサポートしているサーチエンジンについては、それも対象にしてみた。googleは、補足しうるかぎりの全ドメイン、Yahoo!は、.jp と .com 、その他は .jp のみである。Yahoo! ディレクトリからのアクセスは対象外としている。いわゆる全角の英数字は半角に変換し、半角のカナは全角に変換してマージしている。google で無視されそうな記号も削ってみた。複数のキーワードは、分解して別々のキーワードとしている。また、ログの前後の行の文字列の類似度を見積もって、リロードなどによる重複と思われるものも可能な限り排除してみた。結果は以下のとおり。

google
検索語件数
1.photoshop4,153
2.着せ替え1,091
3.rgb1,067
4.cg988
5.ガンマ947
6.背景943
7.ガンマ値905
8.グレースケール861
9.輝度826
10.透明717
11.18禁698
12.osakana623
合計52,595
平均8.58
yahoo
検索語件数
1.photoshop5,164
2.着せ替え2,308
3.ロリコン1,587
4.ロリータ1,174
5.イラスト講座1,143
6.講座694
7.イラスト676
8.背景573
9.ガンマ値454
10.描き方447
11.shop423
12.水面422
合計35,921
平均10.78
msn
検索語件数
1.着せ替えゲーム4,821
2.着せ替え1,688
3.ロリcg788
4.ロリ433
5.cg334
6.photoshop275
7.ゲーム237
8.大暮維人152
9.グレースケール142
10.オーバーオール139
11.lolita137
12.ガンマ値104
合計12,522
平均17.71
goo
検索語件数
1.着せ替えゲーム714
2.着せ替え506
3.photoshop151
4.osakana.factory84
5.ロリcg78
6.ロリ64
7.ゲーム52
8.ガンマ値48
9.ガンマ45
10.cg45
11.背景43
12.グレースケール39
合計3,231
平均6.69
excite
検索語件数
1.着せ替え238
2.photoshop50
3.ガンマ29
4.水面21
5.オーバーオール21
6.ペン入れ17
7.水面の描き方14
8.グレースケール14
9.cg13
10.描き方12
11.女の子の着せ替え11
12.初心者運転10
合計948
平均2.84
全体
検索語件数
1.photoshop9,793
2.着せ替え5,831
3.着せ替えゲーム5,535
4.cg1,790
5.背景1,626
6.ロリコン1,587
7.ガンマ値1,517
8.ガンマ1,483
9.グレースケール1,457
10.rgb1,401
11.透明1,229
12.輝度1,200
合計105,252
平均13.15
メタデータ
リクエスト総数20,933,143
統計期間600日
採取できた外部HTTP_REFERER909,039
そのうち上記検索エンジン経由105,252
外部REFERERに対する割合11.58%
全体に対する割合0.50%

MSN が意外に多くてびっくりした。さすが MS の次期コアブランド、順調に洗脳が進んでいるようだ。goo や excite は全然勝負になってない。このサイトに直接関係無い唯一の固有名詞が MSN の「大暮維人」というのはちょっと面白い。全サーチエンジンで上位なのが、「着せ替え」だったというのもちょっと驚き。着せ替えはそんなに求められていたのか。

率直な印象は、「サーチエンジンからくる人ってあんまいないんだなぁ」って感じだなぁ。想像よりずっと少ない。これはつまり来てくれる人が固定化してるってことなのだろうか。アンテナサイトやロボットが発達するとこうなるのかなぁ。時間軸で切ってみるべきだったかもしれないが、十分なサンプル取れないかもしれないなぁ。HTTP_REFERER の採取率は年々下がっているし。あとせっかく載せてもらってる Yahoo! Directory を集計から外したのはもったいなかったかなぁ。

うーん他にはどう読めばいいのかなこのデータ。例えば、それぞれのサーチエンジンの合計に占める 1 位の検索語の割合。Google がダントツに低い。これはつまり、検索語件数の偏差が小さいってことだ。ということは、Google を使う人は、それぞれバラバラの検索語を叩き込んでるってことで、Google から来る人は何かを探そうという明確な目的意識をもっているという印象を裏付ける傍証になってる……のかぁ?

より使えそうな統計として、あるキーワードで訪問してきた人がどの程度滞在したかを調べるというのがあるだろう。多分、非一般的な用語の方がサイト滞在時間が長引く傾向があるだろうなぁ。

(42)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:40

ミハエルを誉めてみる

ミハエル・シューマッハは、恐らく最も偉大な F1 ドライバーである。だが彼を嫌う人が多いのも確かだ。初めてチャンピオンを取った 1994 年のマシンやガソリンにレギュレーション違反があったという疑惑はイマイチ拭えないし、デーモン・ヒルにぶつけてチャンピオンを取ったようにもみえる。F1 以前にマカオでハッキネンと当たったのも、「当てて勝とう」という意図があったように見えるし、1997年にジャック・ビルヌーブにぶつけたのは言うまでない。96 年から最も政治力の強いチームであるフェラーリに移籍したこともまた、批判する側の憤懣の溜まるところだろう。まあ、そういう人だ。

ただ、彼を応援する人は、大体そういうマージナルなグレーの部分も含めて、彼のことが好きなのだ。彼は、どんなことをしても勝とうとする。そのために数千人のチームスタッフをまとめあげる。そしてそれらを成功させてきた。彼の通算勝利数を超えるドライバーは、これから何十年という単位で出てこないだろう。しかも彼はものすごく熱い走りも見せる。絶対に勝とうとする強引さと、本当に勝ててしまう実力、そしてそこまでの桁外れの努力。それが魅力なのだ。

例えば、1998年鈴鹿。勝てばチャンピオンという最終戦で、彼は予選1位、ポールポジションを得た。しかし本戦ではフォーメーションラップのスタートに失敗し、最後尾22番手に回ってしまう。スタート前だというのにもう勝利は絶望的だ。今年チャンピオンを獲得することも不可能だ。1 年間積み上げてきた努力も勝利も全てが水泡に帰した。いや、彼一人ではない。彼を信じて支えてきた何千人ものスタッフの希望が砕かれた。シューマッハのファンも言葉が無い。一方、ハッキネンのファンは安堵した。これでチャンピオンはハッキネンだ。

誰もが「終わった」と思っていた中、彼だけは諦めていなかった。最後尾からのスタート。いきなり 1 週目に 7 台を抜いて 15 番手に浮上する。圧倒的にスピードの違うミハエルのマシンを下位のチームが積極的にブロックしなかったというのもあるが、抜き難いといわれる現代 F1 でとんでもない抜きっぷりである。さらにその後もものすごい追い上げを続け、なんと3番手にまで浮上する。1位を走行するハッキネンとは大きな差がある。しかし、諦めきっていたファンも、「おいおい、こりゃもしかしたら……」という期待を持ちだした。絶対に諦めない彼の強烈な気迫は、周囲を圧倒させるものだった。しみじみスゲェヤツだ。だが、彼の苛烈なドライビングにタイヤが付いてこられなかった。32 周目にタイヤが破裂してリタイアを余儀なくされ、チャンピオンの獲得はその 2 年後までお預けとなる。

ミハエル・シューマッハの F1 でのレースは、彼の 91 年のデビュー戦から全て見てきた。正直、あまり好きになれなかった。天才セナ亡き後の間隙を突けたラッキーなヤツだと思っていた。だが 1996 年には糞車と言われる F310 で劇走していた。その翌年にはもう、フェラーリをチャンピオン争いをするチームに導いていた。その年にはジャックにぶつけて勝とうとして、全ポイントを剥奪されるという彼のレース人生最大の汚点も演じているわけだが、彼は単純なエゴだけで勝とうとしてるのではない。彼の全ての行動は、数千人のスタッフを導く者として、上に立つ偶像としての側面と、実務をこなしきる技術者としての側面を兼ね備えた人間の、何が何でも勝つという強い熱情に支えられているのだ。そう考えれば、彼の行動に何一つ不自然な点はない。これほど一貫して強い人間がいるだろうか。だから、私は半ば呆然としながら、しかし深く感心しながらミハエル・シューマッハを見つめてきた。倫理的に肯んじにくい部分はある。とはいっても、彼が勝っている限り多くの批判も負け犬の遠吠えになるだろう。

シューマッハは、6度目の世界チャンピオンという前人未踏の偉業を成し遂げた。彼は 100 年に 1 人クラスのドライバーだろう。もちろんそこには、卓越したドライビングテクニックのみならず、マシンの開発能力やチームの精神的支柱としての意味も含まれる。セナはとても偉大なドライバーだが、彼はあくまでもカードライバーに徹した(といわれている)。シューマッハは、チームを丸ごと勝利へ駆りたてるドライバーだと言える。異様なカリスマ性や存在感をもった人間だ。

今日、2004年 F1 開幕戦で圧勝したミハエル・シューマッハ。彼の走る道は、今年もフロンティアと呼ばれるだろうか。

(47)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:42

谷川俊太郎の33の質問

1. 金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなものはなんですか。
アルミも好きだが純銀かな、伝導率良いし。
2. 自信を持って扱える道具をひとつあげて下さい。
CD プラケースを分解する時の自分の手。
3. 女の顔と乳房のどちらによりエロティシズムを感じますか。
顔。口腔。乳は好きだが、エロスではない。
4. アイウエオといろはの、どちらが好きですか?
アイウエオの方が合理的で好きだが、カタカナはあまり好きではない。
5. 今一番自分に問うてみたい問いは、どんな問いですか。
どうしようかねぇ。
6. 酔い覚めの水以上に美味な酒を飲んだことがありますか。
夏コミ後のビールの最初の一口。アセトアルデヒドが代謝された時に飲む水は、美味い不味いじゃなく要・不要の問題。
7. 前世があるとしたら、自分は何だったと思いますか。
「前世があるとしたら」という無意味な仮定を思いつかない生き物だといいなぁ。
8. 原、砂漠、岬、広場、洞窟、川岸、海辺、森、氷河、沼、村はずれ、島、何処が一番落ち着きそうですか?
熱くもなく寒くもなく乾いていて電気がきていてネットにつながっているところならどこでもいいんだがなぁ。強いていうなら島かなぁ。
9. 白という言葉からの連想をいくつか話してください。
すべてがFになる。名古屋。エビフライ。
10. 好きな匂いを一つ二つあげて下さい。
風呂上りの女の子。草いきれ。
11. もしできたら「やさしさ」を定義してみてください。
時に鬱陶しいもの。 鬱陶しくなくなった時には失われていて切ないもの。
12. 1日が25時間だったら、あまった1時間を何に使いますか。
どうすれば1日が26時間になるかを考える。
13. 現在の仕事以外に、以下の仕事のうちどれが最も自分に向いていると思いますか? 指揮者、バーテンダー、表具師、テニスコーチ、殺し屋、乞食。
殺し屋。
14. どんな状況の下で、最も強い恐怖を味わうと思いますか。
自分の能動と受動とが最も乖離した時。
15. なぜ結婚したのですか。
シテネーヨ。
16. 嫌いな諺をひとつあげて下さい。
働かざるもの食うべからず。
17. あなたにとって理想的な朝の様子を描写してみてください。
日が差し込んだ明るい部屋にオレンジジュースと牛乳と紅茶の香りがある。
18. 一脚の椅子があります。どんな椅子を想像しますか。形、材質、色、置かれた場所など。
青と黒のプラスチックと化繊でできた事務椅子が白い事務机の前にある。希望小売価格3980円が880円にまで値下げされた品のようだ。
19. 目的地を決めずに旅に出るとしたら、東西南北、どちらの方向に向かいそうですか?
太陽のある方。多分南。
20. 子供の頃から今までずっと身近に持っているものがあったらあげて下さい。
ない。引っ越しが多かったので。
21. 素足で歩くとしたら、以下のどの上が最も快いと思いますか。大理石、牧草地、毛皮、木の床、ぬかるみ、畳、砂浜。
木の床。板の間経験が小学校以来ないんだよなぁ。
22. あなたが一番犯しやすそうな罪は?
道路交通法違反。道路の左側を歩くのも、自転車で右側を走るのも、立派に道路交通法違反です。
23. もしも人を殺すとしたら、どんな手段を選びますか。
自殺するよう仕向ける。
24. ヌーディストについてどう思いますか。
質問者の意図が読めねーなこれ。眺めるなら14歳以下限定でおながいします。
25. 理想の献立の一例を挙げてください。
苦手なものが存在してない状態なら理想の近似値。
26. 大地震です。まず何を持ち出しますか。
……フィギュアかもしんない。
27. 宇宙人から『アダマペ プサルネ ヨリカ』と問いかけられました。何と答えますか?
とりえあず echo を返して音声通信が可能であるところを見せつける。
28. 人間は宇宙空間へ出て行くべきだと思いますか。
地球にいられなくなったら出ていけばいいが、地球にいられなくなる前に人間の数が減るだろう。
29. あなたの人生における最初の記憶について述べてください。
犬のぬいぐるみの耳をかじってるような気がする。わふ。
30. 何のために、あるいはだれのためになら死ねますか。
寿命が尽きたために死にます。
31. もっとも深い感謝の念を、どういう形で表現しますか。
無言の平伏。
32. 好きな笑い話をひとつ、披露してくださいませんか。
風呂敷かなぁ。
33. なぜこれらの質問に答えたのですか。
3月3日だから。今自分の気まぐれにちょっと後悔している。

(46)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:43

カスウェア

UNIX 系 OS だとすぐ実現できることだけど Windows でやろうとするとちょっと困るなんていう、あまり多くの人と共有できなそうな俺の単純な悩みに、Windows では time() 関数(システムコール)の戻り値である UNIX 時間(UNIX epoch、1970年 1月 1 日 からの通算秒数)をお手軽に得られないというのがあった。

というわけで、5 行で書けるプログラム unixtime.exe を一応公開しておく。Windows でコンパイルする環境作ったり cygwin 入れるのがダリーけど time( ) 関数の値を標準出力に出すだけのプログラムを Win32 環境で欲しがるという、ほとんど誰とも共有出来無そうな要望を持っている誰かへ。

よし、とりあえず Google で引っかかりそうな言葉は散りばめた!(w ちなみに秀丸エディタのマクロから利用する場合は、実行結果をテンポラリファイルにリダイレクトして insertfile するというのが無難と思われ。

(41)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-10-15 10:39:43

XML て胸キュン?

日記のデータを、腐れ独自テキスト形式から、やや真っ当な XML にしてみようと決心してみた。単に、日記に見出しを付けてみたかっただけなような気もする。

XMLで日本語扱うとなると UTF-8 しか選択肢ないノカー。格納ファイルサイズ 3/2 倍になるやんけー、って、どうでもいいかそんなのは。普段使ってるエディタやビューワがまともに UTF-8 に対応してないってのが最大の問題だな。さらりと変えてみるつもりで、幾つか弱めの障害にぶち当たる。

  1. この腐れ emacs(暴言)めっ! set-buffer-file-coding-system で UTF-8 に変えられてるのに、何故保存すると勝手に iso-2022-jp になるのじゃ!
  2. lv って行スクロールがむっちゃくちゃ遅ぇっ!
  3. xml parser って、当たり前ながら文法にキビシー!
  4. 最近の秀丸って BOM 付けるようになったんだなぁ。
  5. オブジェクトバリバリで書いたら当社比 1.5倍くらい重くなったぞ!
  6. 昔の日記内の HTML かなりヒデェよ! 内容もな!

無事 emacs で UTF-8 の読み書きが出来るようになったり、lv やめて lesspipe 書き直して nkf と less を組み合わせることにしたり、過去のデータを一括変換するスクリプト書いたらかなり HTML の間違いを見つけて鬱になったりしたわけですが、emacs 21 の UTF-8 対応で一番役立ったのは Linux JF。しかし emacs コミュニティってかなり停滞 & 荒廃してきてるような……。クワバラクワバラ。

で、無事XML化してみる。あー、イベントドリブンでツリー型のデータ形式を読みほぐしていくというのがちょっと新鮮。そして面白い。でも当たり前ながらやっぱりパーサ使った後は泥臭く書くしかなくて、とっても「半構造化」だなぁ、と思う今日この頃。

しかし、XML に関連するキーワードで検索すると、「純粋なバカを誑かして金をむしろうとするちょっと利口なバカ」な商売人ばかり引っかかるような気がするようなしないようなごにょごにょ。

ついでに各テキストにジャンルという要素も隠し持たせてみてザッと分類してみたら、ほとんどヲタネタ書いてないなぁ俺。これじゃまるで、俺がヲタクじゃなくて デムパな 情報社会学系の人間みたいじゃないか。

(42)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:49

R.O.D -Run or Debug- ウェブストラクチャ編

ウェブページのコンテンツは、データ(DB のレコードのみならず、文章そのものや画像ファイル、そのリソースにまつわる最終更新日などの情報)、デザイン(見た目ね)、ロジック(本でいう構成や編集といった意味合いで考えてください)の 3 つの要素に分解できる。この 3 つの要素は、動的あるいは静的に統合されて、コンテンツを構成する。

例えばこのサイトでは、PHP で書かれたサーバサイドのプログラムによって、データやデザインが一定のロジックに沿って統合され、最終的なコンテンツとなっている。これを動的な統合と呼ぼう。一方の静的な統合は、人間が GUI アプリケーションの助けなどを借り、手動でデータ、デザイン、ロジックをまとめることとなる。ほとんどの個人サイトは、後者の静的な統合で(つまり手で)ウェブページを記述している。動的な統合を行っている例としては、2ch などの掲示板や、tdiary などのブログが該当するだろう。

動的な統合を行うまず第一の目的は、データの分離である。この分離は容易だ。この日記で言えば、日付を <h3> にするとか、文章の見出しを <h4> にするといったウェブページのロジック(構成)と、DB に収納されるテキストデータとを分離するということである。つまり、日付の部分を <h3> で囲むかどうかは、DB からデータを引っ張り出して表示する時に決めればよく、<h3> で囲った日付の文字列を DB に入れたりはしないわけだ。というか、もともとウェブ以外でのデータ管理のために使われてた RDB のデータを、どうにかしてウェブに出そうってのが発想の順番かもしれないから、この detach はかなり綺麗に行われている。問題なのは、デザインとロジックの分離である。

長年試みられてきているにも関わらず、この二者の分離はかなり難しい。CSS やテンプレート化や各種フレームワーク(WebWorkとか)のお陰でかなり容易になったとはいうものの、CSS は <TABLE> によるデザインよりも表現の幅を狭めてしまっているし、テンプレートやフレームワークの利用はもっとデザインの、つまり表現の自由度を狭め、ウェブが悪い意味で定型化してしまう。だから、何かを妥協しない限りどうしてもどこかでデザインとロジックは混ざり合うことになる。でも、そうするとやっぱりウェブのポータビリティは下がってしまう。極端に言えば、デザインの変更のためにプログラマが必要になるというわけだ(この辺の単純化した例については ITMediaの記事 とか参照)。時々なんかスゲェ誤解している人がいるのだが、XML は、この手のジレンマの解決には役立たない。CSS を考えながらロジックを組むことが求められたりするからだ。結局一番有用なのは、デザインやロジック面での妥協であったりする。

というかだな、デザインとロジックという二者はそもそも分離できないと考えるべきだ。だってさ、本の構成や編集がデザイン抜きで行われることなんてありえないだろう? この日記で言えば、日付を <h3> にするというロジックと、それを下枠付きで文字間を開けて表示するというデザインとの間には、全く相関性がないのだろうか? あるに決まってる。日付を <h3> にして、文章の見出しを <h4> にした以上、その主従関係に従ってそれなりに見せるよう考える必要がある。文章の見出しを日付より目立たせるデザインは、ロジックを決定した時点で捨てられてるわけだ。

こういう分け難いものを強引にでも分離しようとすれば、どこかで何かを妥協するということになる。それもこれも、ウェブ( ≒ HTML)はロジックの規制が弱く、はなっからポータビリティが良くないのが原因だ。しかし、そのロジックの規制の弱さは自由度ってことでもあり、ウェブ作成を一般人にまで広めた原動力の最重要要素でもあるわけで、実に悩ましい。

で。ここ数日、このサイト全体の xhtml 化を試みてみたのですが、分離できていたと思ってたあちらこちらが実は全然分離できてなかったりして。で、表型のデータもツリー型のデータもラップして扱える基本のデータ処理クラスを書いてデザイン部分は表示用のメソッドをオーバーライドしてって手で書き直したものの、あっちらこっちらでオーバーライドしまくりたいという欲望が湧き上がってしまい、ということは癒着に対応しきれてないわけで、データの設計から考え直すか諦めて癒着のまま押し通すかだなぁ、と R.O.D 見ながら実行とデバグを繰り返しているわけです。ってそれなら "Run And Debug" だぜ、つか今時 "RUN" なんて言わネーヨ、ha-ha-ha!!

この長文の要旨:雪野五月萌え。(ぇ

(46)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:47

音楽教育

俺の母親は音大出だったりする。という話を他人すると、じゃあさぞかしたんまり CD を持ってるんだろう、などと思われることも多いのだが、なーんとほとんど持ってない。というか、アナログレコードも含めて、母親が所有している音源というのは限りなくゼロに近い。じゃあ聞きたい音楽ってのがあったらどうするのかというと、「君をのせて」から「悲愴」まで、楽譜を買ってきて自分で弾いたり歌ったりしてるのだ。だから俺は、音楽ってのはそういうもんなんだと子どもの頃は思っていた。まあ無理矢理喩えれば、気にいったアニメの設定資料集だけ買ってきていきなり同人誌描いてるような、そういう状態だ。もちろんこれは、音大出の人間としてもかなり異様な嗜好であることは一応申し添えておく。

さて、音楽を楽しむ方法ってのに実はあまりバリエーションは無くて、個人や団体でβエンドルフィンとかアドレナリン出して多少なりともトリップするか、そいつをネタに知ったかぶってブチブチ自慢気に語るくらいしかない。クラシックを静かに堪能するのも、クラブで踊り狂って脳味噌をシェイクするのも、ピアノの弾き語りをするのも、結局は脳内で多かれ少なかれ快楽物質を出して堪能していることに替わりは無い。これはこれで人間の本能っぽいから、多いに分泌してトリップしよう。

問題があるとすれば、音以外の要素で逝っちゃうところだろう。世の少なからぬ厨房は、バンド活動だなんだと「音楽をやっている」というポーズをするが、実は彼らは、音楽を演奏したり作ったりするのが好きなんじゃなくて、「音楽を演奏しているカッコイイ自分を周囲がちやほやしてくれる」ってのが好きなだけだったりする。例えば、「ビジュアル系」というイタい用語が、この構図を象徴している。だって、音楽なのに「ビジュアル」系っていうことは、重要なのが「見かけ」であって、音そのものじゃぁないってことだよね。ヤレヤレ。なんでこんなんなってるのかというと、世の音楽産業がそういう売り方をしちゃったからである。音楽を売るのではなく、音楽を消費するスタイルを売っちゃったのだ。だから、少なからぬ自称音楽好きな人たちは、音楽が好きなのではなく、音楽を消費するスタイル、すなわち流行が好きなだけだ。

その点、今のヲタ同人業界が面白いのは、「同人やってる俺様」ってのは全然かっこよくなくて、周囲も(絵描きにあこがれてる人が想像するのとは違い)全然ちやほやしてくれなくて、それどころかむしろ積極的に周囲から叩かれかねない状況であるにも関わらず、それでも描いちゃういい年をした大人たちが、それはもう大勢いるというところだ。つまり、みんなエロい絵描いたり本創ったりりすること自体が好きなんだね。

まあ、音楽ってのは「時間芸術」であるから、記憶力を用いて「今何が起こってるのか」を順次整理していかなければならない。だから、複雑な作品を鑑賞するにはかなりのトレーニングがいる。ヲタ絵も、鑑賞には結構トレーニングが必要だと思うのだが、なんと言ってもビジュアルは性欲に直結できる。この刺激の差が、人を惹きつける力の差になってるのは確かだ。こんなことは当然音楽業界の人たちも分かっているから、どうやって人を惹きつける視覚的刺激を用意するか考えた。確かピーター・バラカンがどっかで紹介してた逸話にも、「プレスリー程度に歌って踊れる黒人なんかゾロゾロいたけど、売れるためのかっこいい白人がずっと求められてた」、というのがあったように思う。そして、視覚的刺激やタレント的なかっこよさというものは、音楽の「つかみ」であったはずなのに、いつの間にかその主従は逆転してしまった。

結局ですね、今音楽業界がスゲェ勢いで衰退してるのって、そういう背景もあると思うわけですよ。鑑賞に必要なトレーニングを受け手に一切積ませないまま、トレーニングをあまり必要としない「見た目の刺激の付属品」として音楽を売ってしまった。まぁつまり、無茶苦茶にマス化し過ぎてるってことだな。

(44)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:48

無意味の痛み

心理学には、強制承諾という、面白い考え方がある。認知的不協和理論という理論の一部なのだが、はしょって説明すると、辛い経験をした人に「自分の経験は全然辛いものではなかった、いやむしろ楽しかったよ」と嘘を吐かせると、本当に楽しかったと信じるようになる、というものだ。

これは有名な実験だから聞いたことのある人も多いと思うが、あるつまらない単純作業をさせられた被験者に「この実験は楽しかったと他人に言え!」と金で強要する。この時、1ドルで強要された被験者と、20ドルを渡された被験者とでは、どちらがより「あの単純作業は楽しかった」と思うようになるだろうか。

答えは、1ドルを渡された被験者である。

20ドルもらった被験者は、つまらない作業をさせられてしかもそれが面白かったと他人に嘘を吐いたけど、まぁ20ドルもらえたからいいか、と自分を納得させることができる。でも、1ドルを渡された被験者は、つまらない作業をさせられ、しか嘘を吐かされたのに報酬はほとんどゼロである。とても理不尽だ。

だから、1ドル組は「あの実験は無意味じゃなかった! 楽しかったんだ!」と自分の認識を変えてしまうことで鬱屈する不満を解消しようとする。さらにとてつもなく厄介なことに、自分が認識をゆがめてしまったことに全くの無自覚である。人間て、自然に「ポジティブシンキング」やるんですよ。

例えば、レベル積み立て型のネトゲは、プレイヤーの爆発的な労力を必要とする。だから、ひとたびその労力をかけてしまった人間は、そのゲームがどんなに糞であってもなかなか否定することができず、楽しい楽しいと繰り返し周囲に主張することになったりして、そのうち本当にそう信じられるようになったりする。

さて。「野球部の練習は大変だったけど、今となってはあれだけしごかれたのもいい思い出だ」、「あのプログラムの仕事は大変だったけど、今となってはあれだけ残業させられたのもいい思い出だ」、「アニメーターの仕事は大変だったけど、今となってはあれだけ低賃金<以下略>」、「ベトナム戦争は大変だったけど、今となっては<略>」、「太平洋戦争<略>」。過去の辛い経験を美化しだしたヤツの言うことには要注意である。

このレオン・フェスティンガーの理論を自分に当てはめるのはムチャクチャにイタいので、丁寧に考えていくと鬱になる。

あなたの辛い経験は、全くの無意味かもしれない。人間は、無意味という痛みに耐えられない。そして、信じたいものを信じる。もしその時信じたいものがなければ、自分で作ってしまう。現状を変えるより、その方がずっと楽だからだ。

(62)

著作者 : 未識 魚
最終更新日 : 2006-09-26 17:58:50
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. .
  6. .
  7. .
  8. .
  9. .
  10. .
  11. .
  12. .
  13. .
  14. .
  15. .
  16. [15]
  17. [16]
  18. [17]
  19. .
  20. [19]
  21. [20]
  22. [21]
  23. NEXT >


<TOP>

[ Copyright 1996-2017 Mishiki Sakana. Some Rights Reserved. ]